音楽が大好きです。
最近ライブに行くことが、生きる目的になりつつあります。
同時に色々思うことあり、新しくサイトを作ってみました。
仲良くして頂けると嬉しいです♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
続ける、続く事って・・・
最近放置していて、ホントにスイマセン(汗)
前までみたいに、書きたいー!!って言う衝動はあるのですが
それが、更新までつながらないというか・・・

気力が足りない?のかもしれない。

9月10月に行ったライブは
東京でハナレグミ
marthaでたけし
靭公園で、風のハミング
堺市民会館で槇原敬之

そんな感じですね。
少ないなぁ〜

11月は3つ
12月もライブは2つ。

ゆっくりのんびりです。

東京のハナレグミはもちろん素晴らしかったんですけど
先日のマッキーは、ホントに良かった。
近距離で、等身大で、
笑顔がお互い見える距離で。

昔から知ってるというのは、その曲と一緒に過ごしてきた年月がある訳でして、

その年月が、1曲の1つのフレーズで、どわぁーーーって押し寄せてくるんです。
長く聴くことのできる曲の強みだなーって思うんですが・・・

これがなかなか難しい。
やろうと思ってやれることではない。

生き残るのが難しい音楽業界で、ずっと生き残ってキラキラ輝けるって
ある意味強運の持ち主であり、選ばれた人(曲)なんですよね。

そして、聴く側の私たちも、わーっと押し寄せる記憶がよみがえる体験をして
厚みのある、そんな時間を過ごせるのは
本当にラッキーなんだ。。。。って
実感しました。
(だって長年の聞く方と、聞かせる方の
 相互通行がある関係がないと、成り立たない状況ですから・・・)


そういいながらも、日常は、引きこもり状態は続いてます。
結構長く続くんで(今までの傾向からすると)
ゆっくり、音楽を聴きながらリハビリしてます。

のんびり見守っていただけると、ありがたいデス。
music comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








マッキーいいですよね!
20代の頃はなめてましたけど
人の痛みが分かるアーティストというのは
小さな真実を共有できる感じがしていいですね。

たぶんそういう小さな真実を共有することができて
人って少しずつ大きな自信につながって行くんですよね。

僕も40歳過ぎて引きこもりと社会性繰り返しています。
このままどうなるか分かりませんが
音楽にのめりこんだ人はほぼそういう人たちのような気がします。

だからマイノリティーを意識しながら
自分の場所を探しながら、確保しながら
誰にも迷惑かけず
少しでも誰かのためになって
少しでも自分を認めるために生きて行きたいです。
from. nico music | 2011/10/31 03:19 |
nico music さま
ご訪問ありがとうございます。

今まで、生きてきて
まだまだ若輩者ですが、
最近はマイノリティで生きるのが、正常な気がしてます。

私は若いころから友達を亡くし、大好きな人も亡くし・・・
いろいろ病気もして、
死の存在感を感じる人生を送って来ました。
普通の人は、死なんてあまり存在感ないですよね・・・
若い頃は特に。
(引きこもりという表現に誤解を与えてしまったようでスイマセン)

だから、お友達にはただそこに存在するだけで
生きているだけで、ありがとうって言う気持ちになります。
出会えてありがとう。
話してくれてありがとう・・・

音楽も、生きる中で大事な存在です。
大好きな音楽を応援して、
そして音楽に支えられて・・・
こういう風に年月を重ねると、
思いもよらない素敵な出来事があるんだと
マッキーのコンサートで思いました。

生きて居続けたら、こんなサプライズもあるもんだな〜って
最近思うんです。
まるで神様からの贈り物みたい。
人生って不思議です。

その不思議を感じて生き続けたいですね。



from. sunny | 2011/10/31 20:55 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sound-heart.jugem.jp/trackback/620
<< NEW | TOP | OLD>>